「幻怪夜店展」APPLEAFさんから追加納品の作品が届きました。

「幻怪夜店展」ご出展中の

APPLEAFさんから追加納品の作品が届きました。

完売となっていたキーリングを色々お届けくださいました。


●ブランドのコンセプトについて


屋号APPLEAFは、もとは『apple』と『leaf』で『りんごの葉』で、

それをくっつけた造語です。
ブランドコンセプトは、『私にしか創れない、モノ造り』。

そんな、オリジナリティを求めて、昨日より今日今日より明日、

少しでも良い作品を生み出せるように心掛けて製作しております。


●今回展示作品の中からおススメの作品


・キーリング


APPLEAFの作品にはすべて、ひとつひとつ手書きでデザインをかき、

それをひとつひとつ切り出した切り絵を使っております。

この空枠タイプのキーリングでは、

裏から見ると切り絵の裏側が見えるようになっており、

一点モノの証とも言える線書きが垣間見得ることがあります。

ご覧頂けたらと思います。

その切り絵のイメージに合わせて、レジン加工してみております。
空枠ならではの、レジンならではのその美しい透明感を、

どうぞお楽しみいただけたらと思います。


-------------------------------------------------



◆切り絵キーリング(遣い狐/九尾の狐) 各3,780円
 


◆切り絵キーリング(妖狐) 各3,780円



◆切り絵キーリング(管狐) 各3,780円



◆切り絵キーリング(炎龍/勾玉管狐) 各3,780円




◆切り絵キーリング(管狐/猫又) 各3,780円


-------------------------------------------------


APPLEAFさんから切り絵の素敵な作品が届きました。

様々な妖怪のモチーフが繊細な切り絵として

描かれ幻想的な作品となっております。


管狐・炎龍・妖狐・猫又など、
妖怪をモチーフとした切り絵のキーリング作品をお届けくださいました。


妖怪たちの毛並や、龍の躍動感が、

とても素晴らしく切り絵の表現技術に圧巻です。


キーリング作品は、切り絵の背景に彩られた色が、

炎の揺らめきのようだったり、疾風のように見える

幻想的な着色にも注目です。

透過しているので影も綺麗な色です。

背面にラメが煌めいていたりと裏側から見ても素敵です。


ブログでご紹介している作品はごく一部のご紹介です。
写真の作品以外にも、原画やピルケースなどもお取り扱い中ですので、

是非、店頭にてご覧くださいませ。


-------------------------------------------------






8月企画展「幻怪夜店展」


夏の夜、人知れず森の神社で妖怪たちが夜店を開きお祭り騒ぎ。
ポピュラーな妖怪からマイナーな妖怪まで。

海外の妖怪も遊びに来るかも?
一体、妖怪たちの夜店にはなにが売られているのか…?
妖怪たちや、夜店の出し物がこっそりと見られる企画展です。


■開催期間
2015年8月1日(土)~8月23(日)
※最終日は16時まで



◆参加アーティスト様


APPLEAF

あらいあさみ

絵本狐

幻想アパートメント

まめプロ

ネジト博士

佐和春日子

zoological

扇寿

魔法物語 chi?cube



------------------------------------------------

Twitter (作品入荷速報をお知らせしております)
facebook

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク