「森の白い少女たち展」天河舎さんの作品のご紹介

【天河舎】

9月26日(土)から始まる「森の白い少女たち展」ご出展の
天河舎さんの作品を作家様コメントとご一緒にご紹介致します。

●ブランドのコンセプトについて

天河舎は天の川をイメージしてつけた名前です。
都市の明かりのなかでは天の川を見ることは難しいです。
ですが、たとえ見えなくても天の川は確かに頭上に存在している。
日常の中にふわりと溶け込んで傍にある。
そんな空気のような、時にはお守りとなるようなものを作りたいとの
願いを込めた名が天河舎であり、また制作する際の要です。

●今回展示作品の中からおススメの作品があればご紹介ください

・︎「示して、神さま」
てのひらのプラネタリウム。持ち運べる地球。がコンセプトのペンダントです。
今までにも、半球のなかに球を入れて立体的に宇宙を表現しようとしたり。あれこれ試していました。
宇宙のなかにぽつんと浮かぶ、その感覚を表してみたかったのです。
今回キューブのなかに浮かべることによって、360度どこからでも見ることができるようになりました。これであの宇宙のふわっとした感じに少しでも近づけていれば、と思います。

・「閉じ込めて鳥籠」
こちらはフープイヤリングです。
雪の深々と降る森の中、しんと眠り続ける少女たち。がコンセプトです。
少女は色々な意味で目覚めていないものだと考えているので、その辺りも意識しています。
深い森にひっそりと存在する学校、閉鎖的な冬の森、蛹のような少女たち。この3つのイメージがうまく伝われば。また紫から青のグラデーションで、冷たい印象を受け取ってもらえましたら、幸いです。
左右デザイン違いのイヤリングをつくるのは初めてなのでバランスに苦労しました。

この他作家様から頂いた作品コメントは、
作品画像と一緒に下記にご紹介致します。

-------------------------------------------------
DSC_2194_201509141723390d9.jpg

◆「飲み込んだら種になる」バングル 2,700円

星月夜を閉じ込めた
夜の薔薇園 
秘密の話
あの時流れた一番星に
たくした願いは胸の中

DSC_2208_201509141723370a8.jpg

◆「お茶会はおしまい」ペンダント 1,600円

森の中の奥にいる
翻るスカート、白い、足
ねぇ教えてね?知らないこと
暗がりに溶けるキャンディフレーバー

今回の企画展の話を頂いた時に真っ先に思いついたのがこのペンダントです。
コンセプトはそのまま「少女」。
少女という言葉のもつ無垢さ、可愛らしさと。突き放したような冷たさ、思春期の仄暗さ。
どこか秘密めいた印象をもつリボンという素材。そこにピンクカルセドニーと
、カットされた水晶で可愛らしさと無垢さを足しました。
またこちらのリボンは真鍮でできているので、経年で変化します。
それもまた移ろいやすい少女を表すひとつの要素としています。

DSC_2196_20150914172339b5b.jpg

◆「箱庭の境界線」ペンダント 2,300円

花はずっと蕾のまま
あなたの声を、探してる

コンセプトは暗い森、です。
光のあまり差さない、生き物の気配のあまりない。
もの寂しいような、森。そこにふと迷い込んでしまったひとが、
幾重にも重なった樹々の向こう。僅かにこぼれる光の欠片をあびているような。
そんな場面を思い浮かべながらつくりました。
一際目立つ黒いストーンはスワロフスキーです。
光が当たるととてもきらきらして綺麗なので、是非見て頂きたいです。
スワロフスキーパールも、カットガラスビーズも不思議な色合いのものを選んで、
全体的に暗めの色調ながらも森の複雑さを表すよう努力致しました。
金色の蝶を追いかけて、森の奥深くへと。
このペンダントでそこまで案内できましたら幸いです。

DSC_2207.jpg

◆「小さな姫の国」ペンダント 2,300円

軽やかに翻るロマンティックチュチュ
彼女はそこでは妖精の姫
光りの粒子を身に纏い
彼女は春に溶けてった

DSC_2199_201509141723389c3.jpg

◆「やがて蝶になる蛹」ペンダント 1,100円

黄金の午後 少女達の微睡みの気配
静かに眠るこどもらは やがて蝶になる蛹

DSC_2198_20150914172338457.jpg

◆「裸足の足に花も咲く」フープイヤリング 1,200円

足跡から芽吹く春
薄桃色の色彩を、ただ網膜に焼きつけて

-------------------------------------------------

透明感があり、郷愁的な何かを呼び起こすような
映画の物語が込められた魅惑的なアクセサリーたち。

ヴィンテージのパーツが随所に使われておりますので、
月日の経過を漂わせる雰囲気が作風ともとても合っています。

作品1点ずつに、映画の物語の一片が語られたタグが
付属されており、より作品の魅力に引き込まれます。
是非店頭はタグをめくってご覧になって見て下さい。

ブログでご紹介している作品はごく一部のご紹介です。
写真の作品以外にも、色々な作品が届いておりますので
是非、作品の全貌は店頭にてご覧くださいませ。

-------------------------------------------------

morinosiroiposta.jpg

「森の白い少女たち展」 

森の秘密の学園の白い少女たち。
棺、蝶、リボン、三つ編み、白い制服、
バレエ、水浴び、罰、火葬。
少女たちの純粋な笑い声。夜に灯る森の灯り。
バレエの舞台。森の地下鉄道。
森から出られない少女たち。
煌めく少女たちの日常風景と相反し潜む暗い影。
とあるフランス映画をイメージモデルとした企画展です。
作家様の皆様には「キーワード」を元に、
森の少女たちの世界を表現した作品を展示頂く企画展となっております。

■開催期間
2015年9月26日(土)~10月18(日)
※最終日は16時までの営業となります。

◆参加アーティスト様

crown*berry
星霜ティンクトリウム
Kinematorium

魔法雑貨商店
Couleur
天河舎
マジロラ魔法雑貨店
幻想アパートメント
魔法物語 chi?cube
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク