君衣さんから魔法書ペンダントが届きました。

DSC_2220.jpg

◆魔法書ペンダント「蒼きシビュレの書」 4,600円

「シビュレ」とは、かつてローマ帝国でアポロンの神託を告げた巫女達のことであり
彼女たちの予言は、国政に非常に重要視されていました。
歴史上に無数に存在したというシビュレの書ですが、
その多くが時間と共に失われてしまい、当店がようやく入手できたこちらも、
多くの著者によって編纂に編纂を重ねられたツギハギのような書ではありますが、
現代社会の暗雲を晴らすヒントが、何か残されているかもしれません。

DSC_2222_201608101512000ba.jpg

◆魔法書ペンダント「紅きシビュレの書」 4,600円

DSC_6956_20160131150848429.jpg

◆魔法書ペンダント「万物の運行表写本」 4,700円

こちらの書は、ロード・ダンセイニ著「ペガーナの神々」にも登場する
万物の運行表(スキーム)の写本とされています。
この世の果てに座する存在トログウルが、今も淡々と読み進めている
この世の全てが記されているという書です。
彼が黒いページを開くと夜が訪れ,白いページを開くと朝が来るといいます。

DSC_2226.jpg

◆魔法書ペンダント「エブリデイマジックストーリー」 4,200円

聞くところによると、選ばれた少女がこの魔法書のペンダントを首にかけると
本に宿る妖精が現れてページを開き、
世界に愛と希望をふりまく魔法の呪文を読み聞かせてくれるとのことです。

DSC_2224_20160810151200ef9.jpg

◆魔法書ペンダント 4,300円
1904年ロンドン公演「ピーターパン、あるいは大人になりたがらない少年」脚本

今、世界中で愛されているあのピーターパンの物語が
たくさんの人々に知られるきっかけとなった舞台劇、「ピーターパン、
あるいは大人になりたがらない少年」の最初の脚本を入手しました。
舞台上で子供たちが空を飛ぶシーンでは客席からそれは大きな歓声が上がったそうです。
夢ふくらむ物語を詰め込んだご本を、ぜひあなたの宝物箱に加えて下さい。

DSC_0169.jpg

◆魔法書ペンダント「バーバ・ヤーガの毒きのこ図鑑」 4,100円

裏表紙に“バーバ・ヤーガ”というサイン。
バーバ・ヤーガとは、森に住む魔女のイメージの原型となった
ロシアの伝説の人物です。
彼女の著書があるという話は聞いた事がありませんが、果たして…?

----------------------------

君衣さんから完売していた魔法書ペンダントが届きました。

実際に読みたくなるような魔法書のペンダントばかりです。
身につけて、魔法書の世界観をどうぞお楽しみください。
表のデザインを写真でご紹介しておりますが、
君衣さんオリジナルの表&裏表紙も素敵ですので是非ご覧くださいませ。
本に装飾された星や貝殻のチャームもお洒落です。

※魔法書の中身は、魔法使いにしか開けませんのでご注意ください。

~豆本のまほう~

その昔中国で、合格すれば名誉も財産も美しい妻も思いのままと言われた
「科挙」という官吏登用試験がありました。
その難しい試験には、衣服に「豆本」を縫い込んで受験すると合格できる!
というジンクスがあり、この話は現代にまで伝わって、
「豆本」を身につけると幸せが訪れると言われています。

【君衣】

大人の童心をコンセプトに“夢のよすが作り”を生業としております。
魔法のつえ、毒々しい色の薬瓶、謎の古文書…。
お手に取って、幼い頃の夢や憧れを思い出す、よすがにして頂けたなら幸いです。
古来より豆本には、身に着けていると
望みのままの未来を約束するという幸運のジンクスがございます。
あなたにふさわしい品がみつかりますように。
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク