FC2ブログ

11月ゲスト作家様 Stanticさんの「雪花」テーマ作品のご紹介

DSC_9829.jpg

◆雪花(浅葱) ネックレス 3,500円
 
今回のテーマが「雪花」ということで、雪そのものをイメージした
シャリシャリ質感の花もをご用意しました。
他にも雪原や冬の日の色々な光の色をイメージしたカラーをお作りしています。
少しひんやりとした花の輝きをご覧下さい。

DSC_9835.jpg

◆雪花(紫水晶) ネックレス 3,500円

DSC_9833_2018110118310793e.jpg

◆雪花(薄荷) ネックレス 3,780円

DSC_9836_20181101183116983.jpg

◆水花(翡翠) ネックレス 3,780円

DSC_9837_201811011831160cd.jpg

◆水花(雪解け) ネックレス 4,000円

DSC_9824_201811011831087a1.jpg

◆水花(天の川) ネックレス 3,780円

DSC_9818_20181101183108a6b.jpg

◆水花(真雪) ネックレス 3,780円

DSC_9820_20181101183108da4.jpg

◆水花(夜のはじめ) ネックレス 3,780円

-------------------------------------------------

11月「雪花」をテーマにStanticさんから
和紙から作られたお花のアクセサリーが届きました。
11月の期間限定のお取り扱いとなりますので、是非お見逃しなくです。

透き通るような透明感や、繊維の模様といった和紙ならではの魅力が
お花のモチーフに活かされた美しいアクセサリーたちです。
和紙の職人さんへの敬意を込めて和紙の素材を大切に、
花弁1枚ずつ丹精込めて制作されています。

画像では伝わりにくい綺麗さですので、
是非実物の作品をご覧くださいませ。

和紙から作られた作品ですが、アクセサリーとして強度を持たせられるよう
コーティングされているので質感は固く艶やかなものとなっております。

ブログでご紹介の他にも色々な作品をお届け頂いております。
是非店頭でご覧くださいませ。

【Stantic】

ブランド名「Stantic」は「すたんちく」と読み、
ポーランドの有名な宮廷道化師であり哲学者の名前から取っています。
紙切れで出来た作り物の花という、一見無価値でくだらないようなものが、
しかし美しく見えるということに対する皮肉や、
表現方法が限られる「紙」にこだわりながら、
生花やアートフラワーの作品に対抗してゆくことに彼の精神を勝手ながら重ねております。
ロゴマークも、クラウンメイクによくある涙と、雫のイメージから取っています。

また作品はすべて愛媛県の職人が一枚ずつ手漉きする
非常に薄い和紙を使用して作っております。
手漉き和紙は冷たい水に手を晒し続けて作られ、
さらに私の使用する紙はそもそも書道用の半紙として作られているものですが、
こちらは千代紙や色紙のような派手さもない地味な仕事であることもあって
職人さんは非常に貴重な存在です。
彼らの仕事への敬意を込め、できる限り小さな切れ端も無駄にせぬように。
そして和紙という素材の新たな可能性を私なりに示すためにも、
この「水花(みはな)」を咲かせ続けています。

te-ma-yukihanaposuta.jpg
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク