FC2ブログ

1月ゲスト作家様 ふじわら工房さんの「光」テーマ作品のご紹介

DSC_2312_20181228121348205.jpg
DSC_2237_2018122716394332e.jpg
DSC_2309_201812281213487be.jpg

◆セカイノハテ研究所 オブジェ 6,264円

主人公の研究拠点.
研究所周辺のアイテムは1個1個異なります.
人感センサーで点灯します.

DSC_2314_20181228121437820.jpg
DSC_2239_20181227163942f34.jpg

◆研究所周辺を観測 オブジェ 12,960円

研究所周辺を念入りに観測し,進んでも大丈夫か見極めているようです.
人感センサーで点灯します.

DSC_2242_2018122716432006e.jpg
DSC_2329_201812281214479d1.jpg
DSC_2243_20181227164319d14.jpg

◆今日はどっちを探索しよう オブジェ 18,360円

荷物をまとめて出発するようです.
暗闇を安全に進めるよう,灯りをたずさえています.
人感センサーで点灯します.

DSC_2251_201812271643190c8.jpg
DSC_2316_201812281214379fc.jpg
DSC_2318_201812281214373b9.jpg
DSC_2320_20181228121437d46.jpg

◆鉱石集め オブジェ 13,824円

謎の光る鉱石を発見.
手がかりになりそうです.
持ち帰って研究しましょう.

鉱石の灯りは様々な色に移り変わります。
人感センサーで点灯します。

DSC_2304_201812281213492d9.jpg
DSC_2306_20181228121349101.jpg
DSC_2307_201812281213488f4.jpg
DSC_2308_20181228121348758.jpg

◆標本機 オブジェ 17,064円

採集した鉱石を保存する装置を作ってみました.
眩い光が拡散しとても幻想的です。
鉱石の灯りは様々な色に移り変わります。
人感センサーで点灯します.

DSC_2257_20181227164448dbe.jpg
DSC_2261_20181227164447a27.jpg
DSC_2328_201812281214362e0.jpg

◆発信器付き紙飛行機を開発 オブジェ 18,360円

目的地の安全を事前に調査する方法を開発しました.
人感センサーで点灯します.

DSC_2283.jpg
DSC_2285.jpg
DSC_2288_20181227165131e54.jpg
DSC_2282_20181227165132481.jpg

◆星屑鉱石のオブジェ 各6,372円

スイッチを左に傾けると、鉱石が光りだします。
鉱石の灯りが様々な色に移り変わるものと、
本物の天然石を使用しているものとがございます。

--------------------------------------------------

▼作家様が撮影された雰囲気たっぷりの素敵な作品画像をお届けくださいました。
下記でご紹介させて頂きます。

fuj-1.jpg

fuj-2.jpg

fuj-3-1.jpg
fuj-3-2.jpg
fuj-3-3.jpg

fuj-4-1.jpg
fuj-4-2.jpg

fuj-5-1.jpg
fuj-5-2.jpg

fuj-6-1.jpg
fuj-6-2.jpg
fuj-6-3.jpg

fuj-7.jpg

fuj-8.jpg


-------------------------------------------------

1月「光」をテーマにふじわら工房の工場長さんから
素敵なオブジェ作品が届きました。
1月の期間限定のお取り扱いとなりますので、是非お見逃しなくです。

今回工房長さんの作品の中から
「セカイノハテ研究所」というシリーズの作品をお届け頂きました。
暗闇に覆われたセカイノハテに思いをはせ
少しずつ光を灯しながら、その真相を研究する少年の物語です。
主人公と共にその旅をお楽しみくださいませ。
ストーリーをまとめた冊子もお届け頂いております。

人感センサーでライトアップするオブジェは
人が近づくと自動的に明かりが灯ります。
研究所の扉や窓から温かみのある光が漏れ出す光景は
人の心を温めてくれるようなほっとする気持ちになります。
扉が開閉できるようになっていたり、
小さな研究所のアイテムも細やかに作られています。

どの作品も玄関などのスペースに
置いて頂くオブジェとしてもぴったりです。
世界観が素敵な作品をお届け頂いております。
是非店頭でご覧くださいませ。

【ふじわら工房】

ふじわら工房 工房長は
工学部で培った技術を活かして作品を制作しております.
最近は主にファンタジーな世界観の中で,
光を使った表現を自分なりに研究しています.
回路の設計から実装まで自身で行うからこその,
細かな光の表現ができればと考えています.

te-mahikariposta.jpg
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク